ネットオークションの相場、統計、価格比較といえばオークファン
◇ペルー特派員情報◇
担当:ペルー特派員
ペルー特派員Archives

=2014,09,25特派員より=
2014,09,22特派員より サチャインチによる 肌再生オイル マッサージ
インカインチ《サチャインチオイル
》美しくなる油!2014.10.09投稿
アンデス文明にとって、肉体的、精神的、そして霊感的なレベルでの健康を達成する自然な方法は、宇宙エネルギーを体内に
取り入れ、調和を図る事です。
軽い食感とすばやく吸収される性質でも、 贅沢なまでに濃縮された天然植物オイルがあなたの体を流れるがままに、そのエネルギーを感じて下さい。

エアートレートメントによる アンデスの風を想像した技術を適用したハーモニックな マッサージによって、体を綺麗に
洗浄し 物理的に再生し、肌を潤しながら エネルギーフィールドを明確にします。 
その エキゾチックな植物性の芳香は、あなたを幸せな状態にする誘いです。

2014,09,20特派員より
【特集】 南米ハーブ (1318号)

アサイー、エルカンプーレ、サチャインチ
次世代の新素材が続々登場

安全性、有効性に関するエビデンスが拡充されるなか、ハーブの宝庫といわれる南米発の機能性素材が注目を集めている。
代表格の「マカ」は、活力・元気系素材として定着。近年は、更年期障害に関する有効性も明らかになり、女性層獲得へのアプローチも進む
また、「キャッツクロー」「アセロラ」「カムカム」「ガラナ」なども根強い人気に。さらに、メタボ対応の「エルカンプーレ」、
すでに米国で人気の「アサイー」、天然植物由来の機能性オイル「サチャインチ」など、次なるヒットを予感させる素材も台頭
個性豊かな南米ハーブがその実力を発揮し出している。

※美肌効果の高いサチャインチオイルを配合した「THREE」新ファンデーションが登場した。

2014年9月12日、昼夜も 季節も丸反対のLima は 今、桜が満開している、
通常、オメガ3系を含む油は、熱に弱く、ねっとりした不快な食感が残りますが、. スターナッツ油 ... 今後、亜麻仁油より風味や食感にすぐれたサチャインチ油の活用が望まれる。 ... サチャインチオイルにはオメガ3も豊富に含まれており、フランスでは最も美味しい.
←クリック



※日本は EPA, DHA 原料の魚油がだいぶ ショートして来た。
今 サチャ オイルが益々 注目されて来た、

魚油

 魚油は、水産・畜産飼料に用いられる魚粉とともに併産され、他の油脂に比べてDHAEPAなどn-3系の高度不飽和脂肪酸を多く含む油脂である。世界の魚油生産量は年間約100万トン前後あるが、南米のペルーとチリの2国がそのうち4〜5割、アイスランド・デンマーク・ノルウェーの北欧3国が2〜3割を占めている。世界の漁獲量は2000年に1億トン近くあったが、水産資源の持続可能な利用が求められており、各国で漁獲規制を含めた資源管理策が敷かれている。
 その一方で、世界的に魚食は拡大傾向にあり、近年における養殖産業の成長は著しい。水産養殖に利用される飼料は生魚や魚粉、魚油を原料にしており、供給量が増えない中で魚油や魚粉の価格は従前に比べて上昇している。
 魚油消費量の多い国としては、サーモン養殖の盛んなノルウェー(年間20万トン前後)やチリ(2008年以降は養殖サケの伝染病問題や大地震により年間10万トン強)が代表的である。さらに近年、養殖産業の成長が著しい中国の消費量も増加しており、2005には3万トン足らずだったものが、2010年には8万トンに達したと推定される。
 日本は、古くは鯨油、1990年頃まではマイワシを中心に40トン以上の魚油生産を誇ったが、マイワシの資源枯渇により2000年以降の魚油生産量は年間6〜7万トンに激減し、供給の一部を輸入に依存する状況となっている。国内の魚油・魚粉生産は6070工場で行われているが、約90万トンの原料処理量のうち、ラウンド処理(丸魚処理)は10万トンにも満たず80万トン以上がいわゆる水産加工残滓に頼っている。その加工残滓の処理量も2005年に100万トンを下回り、漸減傾向にある。
 2010年の国内魚油消費については、食用加工油脂向け8,000トン、飼料向け約5万トン、燃料向け約1万5,000トンと推定される。
 硬化魚油は、結晶の安定性や口溶けの良さ、ショートニングにしてホイップすると高い比容積が得られるなどの物理特性を持ち、マーガリンやショートニングなど食用加工油脂原料に利用されてきた。しかし、近年の魚油価格の上昇や低トランス脂肪酸対応による硬化油離れなどを理由に加工油脂向け需要の減少が続いており、この分野における硬化魚油の使用実績は2000年の約6万トンか2010年には1万トンを割り込む水準まで減少している。供給力が安定したパーム油による機能代替も進んでいる。
 また、EPADHAといったn-3系脂肪酸は必須脂肪酸であると同時に、冠状動脈疾患や心臓疾患に対する予防効果が期待され、健康食品やサプリメントにも利用されている。デンマークでは、各種魚種を1日30gEPADHA換算で350mg以上摂取することが推奨され、わが国でも、中性脂肪を低下させる作用のあるEPADHAを含み、中性脂肪が気になる人に適した特定保健用食品が販売されている。
日本の魚油生産量と輸入量
(単位:トン)
魚油生産量
魚油輸入量
2000
69,956
49,808
2001
63,481
90,791
2002
62,766
58,556
2003
66,956
39,463
2004
68,210
39,493
2005
62,741
51,399
2006
69,107
38,611
2007
60,082
29,711
2008
62,681
37,643
2009
64,622
32,864
2010
60,486
21,292
(資料:()日本フィッシュ・ミール協会、財務省「日本貿易統計」)


リマでの栽培(ペルー)

◆サチャインチは、中性脂肪の低減、
コレステロールの低減、
動脈硬化の予防、脳の活性化、
生活習慣病の予防になります。
@ A
C D
E◆果実には、4ツ星、五つ星、六つ星がある F 如何してそのようになるか不思議だ!
 
 
※ペルー産アボガド輸入開始を期待。国内市場は200万米ドルの見込み!
インカのゴールデンベリー《食用ホウズ》
アンデスの黄金食用 食用ホウズキ
冷凍カムカム パルプ(果肉、果汁) 冷凍食用ホウズキ(原形)
冷凍赤、緑サボテン果肉
 

オメガ3系植物油の機能が注目

国内における植物油の流通量はおよそ250万トン。
その8割をキャノーラ油、パーム油、大豆油などが占めるが、近年n-3(オメガ3)系脂肪酸を高含有するアマニ油、エゴマ油といった機能性の高い植物油が女性誌に取り上げられる
など話題になっている
量販店をはじめ、百貨店、自然食品店などでも売り場を拡大している。またチアシードオイル、サチャインチオイルなど新しいn-3系脂肪酸を高含有する様々な植物油の認知度も高まっている。
■n-3系脂肪酸を含む植物油に高い注目
植物油に含まれる「多価不飽和脂肪酸」は、n-3系脂肪酸(α-リノレン酸、EPA、DHAなど)、n-6系脂肪酸(リノール酸など)、n-9系脂肪酸(オレイン酸)などに分類される。
生体内で合成することができないため、食物から摂取しなければならず、必須脂肪酸とも呼ばれている。
中でも、近年n-3系脂肪酸に対する注目が高まっている。その背景には、2005年に厚生労働省が通常の食事から十分に摂取しているn-6系脂肪酸に対して、n-3系脂肪酸は欠乏傾向に
あるとし「日本人の食事摂取基準」にn-3系脂肪酸の摂取目標が設定したことがあげられる。
そのため、アマニ油やエゴマ油などのn-3系脂肪酸を豊富に含む植物油の認知度、市場性が一気に高まった。
また、消費者庁が健康食品素材の機能性評価を行った「食品の機能性モデル事業」で、n-3系脂肪酸が心血管疾患リスク低減などで高い評価を獲得。機能性が裏付けられたとして、
大手植物油メーカーでは引き合いが強まっているという。さらに女性誌でも、n-3系脂肪酸には、ほかの脂肪酸よりも優先的に燃焼されやすく皮下脂肪として蓄積されにくいという特徴があるとして、ビューティの観点から特集が組まれるなど話題となっている。
■脂質栄養学会 “子供にオメガ3を”
2013年に開かれた日本脂質栄養学会第22回大会では供の成長・発育に対するDHA・EPAの機能性が大きなトピックとして扱われ、「子供たちの成長とn-3系脂肪酸」をテーマに
シンポジウムが行われた
シンポジウムでは順天堂大学大学院の清水俊明教授が「子供たちの脳・神経機能とn-3系脂肪酸」と題して講演。神経の発達に影響する栄養素のひとつにDHAがあり、
DHAは神経細胞膜の流動性に影響して、シナプスネットワークの構造的な発達に関与していることを説明した。
またDHA不足と未熟児との関連、未熟児と注意欠陥多動性障害(ADHD)の関連を示唆。「DHAの摂取は子供の知能発達に良い影響を与えており、さらに妊娠中、
授乳中の母親の魚摂取も子供の知能発達を促進する可能性があることが臨床データの上でも証明されている」とした。
■機能性植物油の代表格「アマニ」「エゴマ」
アマニ油は、n-3系脂肪酸が豊富に含まれる植物油として浸透。日本アマニ協会によると、アマニの国内流通量は700トンを超える規模に成長。人気テレビ番組の
料理コーナーで紹介されるなど、一般消費者の認知度も高まっているという。アマニは、ドレッシングや即席麺のシーズニングオイルなどの採用実績が増加、
アマニを餌に育った「アマニ牛」や「アマニ豚」、「アマニ鳥」なども現れ、多面的に市場開拓が進む。アメリカでは、アマニから作った「フラックスシードミルク」が登場。
ウォルマート全店で取り扱われるなど、広がりを見せており、今後日本での流通も期待されている。
アマニのほか、n-3系脂肪酸を高含有する植物油として代表的なのがエゴマ油。国内流通量は約600トンを誇り、日本ではしそ油としても広く知られている。従来から
アレルギー対策として花粉症シーズンに流通を拡大してきたが、「n-3系脂肪酸補給」の観点から、通年型商材として頭角を現している。
■新しい機能性植物油が続々
アマニ、エゴマ以外にもn-3系脂肪酸を含む新しい植物油も登場している。チアシードオイルは、南米原産のゴマのように小さい種子「チアシード」から採取されたオイルでα-リノレン酸や
ケルセチン、ミリセチンなども含む。また、同じ南米由来の天然オイルでは、サチャインチが台頭。
日本人になじみ深い植物油としては「米油」がある。米油は、リノール酸などの必須脂肪酸をはじめ、ビタミンEなどが豊富で、耐熱性が高いことから食品用途を中心に幅広く使用されている。
●主な植物油
【ヘンプオイル】
大麻草(ヘンプ)の種から抽出されるオイルには、n-6とn-3が理想的なバランスで含まれている。また、近年発見されたカンナビシンAというポリフェノールによるアンチエイジング効果が期待される。
【サチャインチ】
サチャインチ(インカインチ)は、ペルーのアマゾン地域原産のトウダイグサ科の蔓性植物。必須アミノ酸、α-リノレン酸・リノール酸・オレイン酸・ビタミンEなどを豊富に含む。
【アマニ】
アマニとは、亜麻の種子のことを指す。特に、n-3系脂肪酸であるα-リノレン酸を豊富に含み、抗酸化作用を持つリグナンや、不溶性、水溶性両方の食物繊維も高含有する。
【チアシード】
メキシコ南部が原産とされ、マヤ、アステカなどの先住民族が常食していた食材。α-リノレン酸を高含有するほか、アミノ酸、ビタミン、ミネラルを豊富に含む。
【米】
米糠から抽出される植物油。オレイン酸やビタミンEを多く含有。
コレステロールを低下させる効果が指摘されている。また、原料のほとんどを国産原料でまかなえるのも強み。
【エゴマ】
エゴマはシソ科に属する1年草の植物。東南アジア、東アジア、南アジアなどの広い地域で栽培。α-リノレン酸を豊富に含むことで有名。花粉症にも効果のある食材として知られている。
【アルガン】
モロッコのみに生息するアルガンの樹の実から採取される植物油。
オレイン酸、ビタミンEを高含有する。肌に潤いを与え、皮膚の血行促進に効果的といわれており、化粧品用途として引き合いが高まっている。
【ボラージオイル】
ボラージ(ルリチシャ)という植物から採取される植物オイル。γ-リノレン酸を豊富に含有し、リノレン酸、オレイン酸なども含む。
抗アレルギー作用、抗炎症作用などがある。
REFERENCES
健康産業新聞より